【PUBG】week31パッチについて和訳&解説

前回は結構大きなアップデートについてのパッチノートだったので取り急ぎ和訳してみたが、今後も「あんな時代のPUBGもあったなぁ・・・」と思い返す用の備忘録としてアップデート情報を書いていくことにする。

今回も拙い適当和訳と一緒に解説。今回のパッチはゲーム性に関わるもの且つ僕の嫌いなプレイスタイルが弱体化されるので期待。

week31パッチ内容

ゲームプレイ

  • エリア範囲外にいるプレイヤーへのパルスダメージの上昇
  • 但し、第1回目のエリア縮小時には適用しない

遂に「エリアから外れ遠く離れた場所で、終盤まで回復キットを使ってやり過ごす」というプレイスタイルが弱体化される。

現在このスタイルは結構強く、条件さえ揃えばTOP20ぐらいまでなら安全に残ることが可能だ。

しかし大会などでこういったプレイスタイルを行っているプレイヤーを見ると、一観戦者からすると凄く白けた気持ちになる。もちろん個人のやりたいようにPUBGをプレイしてもらって結構なのだが。

開発会社も自分たちの提供したいバトルロワイアルゲームの方向性はこのスタイルとマッチしないと思っているのか、今回の弱体化となった。
どれぐらいの上昇なのかが結構重要だがそれについての情報は無い。そして第1回目が対象外になっているので、例のプレイスタイルを完全駆逐という訳にはいかなそうだ。

バグの修正

  • 弾丸がベストを無視してダメージを与えることがあるバグを修正した

このゲームでは体力・ベスト耐久の両方共、数値的に認識することが交戦時に出来ないので、知らない間にバグで死んだみたいなことがあったかもしれない。

今後のアップデートについて

初めに

  • 正式版(PC1.0)のリリースより前にテストサーバーを数回稼働させる予定です。

前回のパッチ解説でも書いた通り、やはり数回に分けて稼働させる模様。

1回目のテストサーバーはパルクールアップデートを中心に

  • 正式版(PC1.0)をリリースする為に、最初のテストサーバーを11月初めに稼働させることを決めました。パルクール(飛び越え&よじ登り)システムはこのパッチのメインです。最低3日間の大規模なテストが必要です。是非テストサーバーでパルクールを試してみてください。1、2、3回目のテスト内容と詳細については別途発表します。

「さらば、しゃがみジャンプ・・・。」と思っているが、実は削除されずパルクールを使わないほうが早く窓を抜けられるなんていうオチがあるかもしれない。

テストサーバ、最適化、バグ修正、および今後のお知らせ

  • 今、本サーバーにあるバグは正式版までには頑張って修正する。
  • ゲームの最適化(軽量化)も頑張ってます。
  • テストサーバーの内容告知は直前になるかも。ごめんなさい。
  • 小さい大きい関係無しに全てのバグ修正はテストサーバーでOKだったビルドで実装するから、本サーバーの実装は遅れがちです。ごめんなさい。

あんまり重要ではなかった為、更に適当に和訳した。ゲームの最適化、頼むで。

 

以上、適当意訳と解説でした。

翻訳元
http://steamcommunity.com/games/578080/announcements/detail/3012205666575627380

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。