【オススメ】PUBG推奨PCを実際に検証&レビュー

マウスコンピューター様から低価格&PUBGが快適に遊べるパソコンをお貸し頂きましたので、本当に快適にプレイできるかという検証を一番大事にしてレビューしていきたいと思います。大きな買い物なのでPUBGが遊べると思ったのに遊べなかった!なんて失敗は避けたいものです。

まずはPUBG推奨スペック調査記事にて判明した、PUBGが快適に動くパソコンの条件をおさらいしてみましょう。

PUBGが快適に動く条件(推奨スペック)

  1. CPUがi7-7700
  2. メモリが16GB
  3. SSD搭載
  4. グラフィックボードは最低でもGTX 1060 3GB~

今回この条件を満たしていて且つ最安なモデルをお貸し頂きました。

このスペックで¥139800(税別)。今なら6400円/月の24回の分割払い(金利手数料無料キャンペーン中)で購入も可能です。また今回はお借りしたものは敢えてカスタマイズを行いませんでした。従って今回の検証はカタログ通りのスペックでのものになります。

NEXTGEAR i660SA1-e-sportsを見てみる

このパソコン、確かに性能にしては割安ではあります。しかしこの記事の読者は「PUBGが快適に動くかどうか」が最も重要なはずです。

快適の定義

人によっては快適の指標が様々であるため判断の基準は明確でなければなりません。そのため私自身がPUBGをプレイする上で「快適である」と判断する定義について解説してみます。

その1.平均90fps以上出てる(重くない+α)

そもそも〇〇fpsとは何か。ジャンルとしてのFPSと混同してややこしく思うかもしれませんが、ゲームの画面が1秒間に何枚出力されているかの値のことです。60fps出ていれば1秒間に60回描写されているということになります。Youtubeが30fps→60fps動画に対応するようになってしばらく経ったので、fps値の違いによってどれぐらい効果があるのかはご存知の方が多いかもしれません。

一般的なモニターを使っている人は60fps出ていれば大丈夫ですが、余裕を持たせておくという意味で60fps以上でるパソコンをオススメします。

しかしFPS値に欲を出してはキリがありませんし、体感的に90FPS以上出ていればサクサクプレイと言えると思います。従って今回お貸りしたパソコンでPUBG最低設定で平均90FPS以上出ているかに着目して調査しました。もちろん購入予算を多く確保できるのであれば最上位のPCを購入するのもアリですが、現実的なラインでコスパ良く高性能なPCで手を打つのも良いです。

その2.マップロードでバグが発生しない

パラシュートを開き意気揚々と陸に降り立ったはものの、建物がバグってて1~2分物資無しで読み込みを待たなければいけないという現象。以前の私の環境ではメモリ16GB&HDD使用時に発生しており、PUBGのファイルをSSDに移すことで改善されましたが、メモリ8GB→16GBの増設のみで改善された方も居られたようです。よってマップロードバグに関しては実装メモリとディスク読み込み速度が関係しているのが濃厚です。今回お借りしたパソコンはメモリ16GB&SSD搭載PCですので恐らくマップロードバグは発生しませんが、搭載されているメモリ性能&SSDの速度によっては発生する可能性も0ではないので、ココもしっかりと調査することとします。

推奨PCを使って実際に1週間50回以上プレイしてみた

それでは実際にNEXTGEAR i660SA1-e-sportsを使用してみた結果です。

またPUBGをプレイするに当たって多くの人はドン勝を目指していると思いますので、今回の検証はゲーム内設定を最低設定で行いました。他のプレイヤーより有利なプレイを行うには、FPS値をより多く稼ぐことが重要な為です。

その1.平均100FPSでサクサク度◎

ゲームプレイ中のFPS値はおよそ85~140の間で動いていました。基本は100代で場所によっては90代に下がったり、110~140の値が出るといった感じでした。スモークを焚かれた時やダチアでトップスピードで運転をしている時には減少傾向にありますが、打ち合いに時に極端にFPSが低下して支障が発生することも無く、文句無しと言えます。

その2.マップロードバグ発生無し◎

通算50回以上プレイしましたが、上記バグは1度も発生しませんでした。検証プレイ中にメモリにどれぐらいの負荷が掛かっているのか頻繁にチェックしていたのですが、メモリ使用量は8~10GBを前後していました。PUBGは16GB以上のメモリ実装でなければ快適にプレイ出来ないということも購入参考にしてみてください。

結論

PUBGのプレイでもi660SA1-e-sportsで充分

ミドルグレードPCという位置付けではありますが、FPS値的にもギリギリプレイ可能という感じでもなく、PUBGをプレイするのにあたって問題はありませんでした。やはりマウスコンピューターのコスパは良いです。

NEXTGEAR i660SA1-e-sportsを見てみる

動画撮影や配信は△

新しくパソコンを購入するに当たって、YoutubeやTwitchでゲーム動画投稿・配信を始めたいなと思っている方も居られることかと思います。結論から言うと△であると言わざるを得ません。NEXTGEAR i660SA1-e-sportsはミドルグレードのPCですので、快適にプレイ&録画・配信を両立させることは中々難しいです。CPUのグレードとグラフィックボードの性能向上、更には動画撮影であればSSDの容量増強など、もう1グレード上のものを購入する必要があると思います。もちろん快適にプレイするという面を削る前提であれば不可能ではありません。

動画投稿・配信を始めたいと思っている方は、プロゲーマーとのタイアップモデルを購入するのが良さそうです。

すもも氏タイアップPCを見てみる

 

注意事項
1.2017年7月29日時点での情報となります。
2.製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。