【PUBGドン勝取れるPC実践】「G-TUNE SUMOMOXqXモデル」を徹底レビュー

以前「なるべく安く、でもPUBGがそれなりに遊べるPC」として「NEXTGEAR i660SA1-e-sports」のレビューをしました。

今回は更に快適に遊ぶためにPUBG向けと銘打って販売されている、G-TUNEのドン勝PCを購入しましたので、こちらもレビューしていきたいと思います。

ドン勝PC(NEXTGEAR i660PA1-SMM)のスペック

NEXTGEAR i660PA1-SMM
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i7 7700K
4コア / 8スレッド
4.20GHz/TB時最大4.50GHz
メモリ32GB(16GB×2)
グラフィックGeForce GTX 1080 (8GB)
マザーボードIntel Z270搭載 ATXマザーボード
SSD480GB
HDD2TB
光学ドライブオプション追加
カードリーダーマルチカードリーダー
USB (前面)USB3.0 x2  USB2.0 x2 計4ポート
USB (背面)USB3.0 x4  USB2.0 x2 計6ポート
出力DVI-D x1
DisplayPort x3
(DVI-HDMI変換コネクタ付属)
電源ユニット700W (80PLUS BRONZE)
サイズ190(幅)x543(奥行き)x450(高さ)mm
重量約 10.1kg
保証1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

以上がスペックです。PUBGをより快適にプレイできるようにと、G-TUNEがDetonatioNGaming所属のプロゲーマーSUMOMOXqX氏とタイアップした製品です。

当然PUBGをプレイする上で必要なスペックはちゃんと満たしていますね。G-TUNEのタイアップ製品は通常のモデルよりも、若干安く販売されているのが特徴。

ドン勝PC(NEXTGEAR i660PA1-SMM)のベンチマーク

今回はデータもしっかりと取って検証をしていきたいと思います。数値差によってどれぐらい快適度が違うのか判断しにくいと思いますので、ベンチマークは少なめに2つだけ検証してみました。

ドラゴンクエストX

余裕の結果。NEXTGEAR i660SA1-e-sportsではスコア19701という数値が出ていてあまり差が無い。しかし、ドラゴンクエストXのベンチマークの負荷が大きくないせいと推測。

SteamVR 

Steamから無料ダウンロードできる、VRゲームをプレイできるかどうかのベンチマーク。これから盛り上がっていくと思われるVRもしっかり動くことが確認できる。

90fps以下のフレームが1度も出なかったのにはビックリした。フレームレートを要求するシビアなゲームはVRでしばらく出ないと思われるので、90fpsも出ていれば十分すぎるといったところ。

シビアなゲームとそうでないゲームって?

PUBG含めオンラインFPS等はシビアなゲームと言えます。競技対戦系のゲームは高いfps値を求める為にビデオ設定を下げて、他のプレイヤーよりも有利に戦うことが望ましいです。一方で競技対戦系のゲームではビデオ設定を最高設定にして綺麗なグラフィックで楽しむのがベターです。

ドン勝PC(NEXTGEAR i660PA1-SMM)の実践データ

PUBG

まず本題のPUBGが快適に遊べるかどうか。ドン勝を取るまでの約30分間のFPS値を計測してみました。

平均FPS値118fpsでかなり快適に遊ぶことができました。

NEXTGEAR i660SA1-e-sportsに比べて体感的にも数値的にも、格段に快適です。

グラフ作成時のついでに詳細な計測値を表示しながらのドン勝動画を撮ってみたので、ご自身のPCと比べてどう違うのかを参考にしていただければと思います。

動画撮影&エンコード

先ほどのドン勝動画はNVIDIAのShadowPlayを利用して録画を行いました。

もともとShadowPlay自体があまり負荷のかからない録画が可能で、録画&プレイを行っても低下するFPSは5~10fpsといった所で、もちろんこのPCでも特に問題なく録画できます。

動画エンコードに関しても流石のi7-7700Kといった感想で、私の旧機i7-3700Kより短くサクサクにエンコード可能でした。

動画配信

動画配信を1PCで行うとなると、ゲームの処理と動画のエンコードを同時に1つのPCで行うことになるので、ゲームのFPS値が下がるのは免れません。

実際に配信テストを行ってみましたが通常時に比べて、約15FPS程度の低下が見受けられました。しかしそれでも平均100FPSは超えているので、やはりドン勝PCはストリーマー・配信者をこれから目指そうという方にもお勧めできるのではないかなと思います。

1ヶ月利用してみての感想

主にプレイしたゲームはPUBG、GTA V、CSO2、LoL等。全くストレスなくプレイすることが可能です。というかPUBGが快適にプレイできれば、現行のPCゲームは全てこなせます。もちろんこのブログの更新作業や動画のエンコード等、PCで行う作業を全てこのドン勝PCにて行ってみましたが、素晴らしいパフォーマンスを出してくれました。

SSDの容量も通常利用であれば十分ありますし各種スペックも充実している為、この先3~4年は特にカスタマイズすることもなく戦えるPCなのではないでしょうか。

仮に

4年間使うとすると1日あたり157円程の計算になります。

マウスコンピューターは分割購入も可能なので、PUBGを快適に遊びたいがまとまったお金がすぐに用意できない方はそちらを利用してみるのも手です。

元々はレビュー用にとマウスコンピュータさんのご厚意でドン勝PCをお貸しいただき実際の使用感を試させていただいたのですが、正直快適すぎるしコスパも良すぎなので買っちゃいました。

ドン勝PCはこんな人にオススメ

オススメな人
    • PUBGでPCゲームデビューするが、どれを買ったら良いかわからないし失敗したくない
    • 今のPCではPUBGを快適に遊べないから新調したい
    • あまりPCパーツに詳しくないので数年間は何もしなくても遊べるPCが欲しい
    • 動画・ライブ配信者になりたい
    • ドン勝したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。